キッズ時計モデルに挑戦!お友達同士で楽しく撮影

キッズモデルのオーディションや書類審査に際して、子供の写真が必要になることがありますよね。
プロに撮影してもらった写真があればいいですが、やはり子供本来のかわいさを表現するためには親の手で撮ったものがベストです。とはいえ、写真をうまく撮るというのは、実はかなり難しいもの。
なかなかうまくいかずに苦労した経験があるお父さん・お母さんも多いのではないでしょうか。

そんな方のために、写真を上手に撮る方法をご紹介していきます。

被写体を強調しよう

これは写真撮影の中でも基礎的な技術ですが、いかに被写体を強調するかが重要となります。
たとえば子供の写真を撮る際、子供が遠くにいる写真だといまいち魅力が伝わりませんよね。

場合によってはドアップでもOKです。むしろドアップに撮影することで子供本来の肌のきめ細やかさや笑顔が強調され、ぐっと魅力が引き立つのです。

ローアングルから撮影しよう

子供は大人と比べて身長が低いですよね。これは当然のことです。
そんな子供を大人が撮影するとなると、どうしても見下ろす形になってしまいます。これでは魅力的な写真は撮れません。

まずは撮影者が意識して、カメラのアングルを下げてみることから始めましょう。
子供の目線よりもやや下の方から撮影してあげると、非常にかわいらしい雰囲気が強調されます。
キーワードは目線。これをしっかり覚えておいてくださいね。

【緊張しない、させない】
撮影者が笑っていなければ、当然子供も笑顔になりません。
よくあるのが、子供がまったく笑わないことにいらだった親が仏頂面になって雰囲気が悪くなり、最終的には子供が泣き出すというパターンですね。これではかわいい写真など撮れるはずがありません。

重要なのは、いかに緊張させずに「普段の表情」を引き出すことができるかということ。
そのためには、いろいろな方策があります。

緊張をほぐすために

お母さんと一緒にいるところを撮影したり、あるいは友達とツーショットをするというのもいいでしょう。
撮影する前に軽く運動をしてみるのも、緊張をほぐして表情を柔らかくすることに役立ちますよ。
これ以外にも撮影者が子供と会話をしながら撮影するというのも効果的です。

いずれにしても、「撮られる」という意識を一度外してあげることが重要ですね。

まとめ

写真撮影は愛情も重要ですが、うまく撮るにはやはり一定の技術が必要です。
日航の関係で映りが悪くなることもあるので、場所や時間帯なども考えながら撮影してみるといいかもしれませんね。

キッズ時計モデルになる方法!合格者の感想&ボード作成体験談